腎疾患

人工透析で年間約160万円受給できた事例

50代男性 病名:慢性腎不全(人工透析療法) 結果:障害厚生2級 <依頼者の状況>  糖尿病の指摘を受けてから10年以上経ってから人工透析療法を始めたとのことでした。しかし透析を始めてから数年、障害年金の事は知らなかったそうです。知人に障害年金のことを教えられ、仕事と透析もあり自分で手続きするのは難しいということで、当事務所で代行することとなりました。 <受任から申請まで>  初診から
続きを読む >>

人工透析で年間約150万円受給できた事例

<概要>50代男性病名:慢性腎不全(人工透析療法)結果:障害厚生2級<依頼者の状況>20年くらい前に会社の健康診断で高血圧を指摘され、糖尿病に対する治療を続けてこられたとのことでした。徐々に悪化してきてしまい、ついに人工透析療法開始となってしまったため、障害年金を受けられないか、と相談にいらっしゃいました。<受任から申請まで>まずは、20年前の初診日を特定するところからのスタートでした。糖尿病や人
続きを読む >>

腎疾患治療が原因の人工股関節で1級(年間約97万円)が認められた事例

相談者50代女性病名:両側大腿骨頭壊死(ステロイド治療による)結果:障害基礎1級<依頼者の状況>子供の頃から腎臓が悪く、ネフローゼ症候群でステロイド治療を受けていたとのことでした。ステロイドの影響で大腿骨頭壊死を併発し、両股関節に人工関節を挿入置換していました。障害年金については長らく知らなかったとのことで、手術から25年以上も経過してしまっていました。<受任から申請まで> ステロイド治療に伴う大
続きを読む >>

20歳前の初診日を証明して障害基礎年金2級に決定された事例

相談者30代男性病名:慢性腎不全(人工透析)結果:障害基礎2級<受任から申請まで>当初、成人してから風邪で病院にかかった際に発覚したということで進めていたが、診断書に子供の頃に腎生検を実施しておりメサンギウム増殖性腎炎と診断されていたことが明記されており、20歳前障害であることが発覚した。20年以上前なので初診日の証明が危ぶまれたが、学校で実施した尿検査の結果票や腎生検時の所見などがみつかったため
続きを読む >>

腹膜透析で障害厚生年金2級に認定された事例

<概要>50代男性 病名:慢性腎不全 結果:障害厚生年金2級<依頼者の状況>10年以上前から口の渇きや怠さなどを自覚していたとのことで、入院による治療等を行っていました。最近になり透析療法を開始したため障害年金に該当するのではと思い、当事務所にご相談にいらっしゃいました。<受任から申請まで>透析に至らず療養していた期間が長かったため、初診日の証明に少々不安がありました。 しかし幸いにも1つの病院に
続きを読む >>

人工透析実施前でも2級に認定された事例

30代男性病名:慢性腎不全結果:障害厚生年金2級<依頼者の状況>慢性腎不全で長らく通院をしているが、症状が徐々に悪化していて仕事でも配置転換を余儀なくされてしまい収入も減ってしまったと相談にいらっしゃいました。しかし、人工透析療法はまだ実施していない為、年金事務所にも主治医にも「まだ障害年金はもらえない」と言われ諦めかけていました。検査数値等をヒアリングした結果、少なくとも3級には該当するだろうと
続きを読む >>

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中