脳疾患

脳出血による片麻痺で年間約160万円受給できた事例

50代女性 病名:脳出血による右片麻痺 結果:障害厚生2級(年間約160万円)<依頼者の状況> 相談にはご主人がお1人でいらっしゃいました。ご本人はデイサービスなどを利用しながらリハビリに励んでいて、金属製の補装具を装着しても付添いが無いと外出できない状態ということでした。  脳出血発症からおよそ2週間でリハビリ病院に転院したが、リハビリの途中で足を傷めてしまい、当初の予定より1ヶ月長く入院しなけ
続きを読む >>

若年性アルツハイマー病で約148万円もらえた事例

<概要>60代女性病名:若年性アルツハイマー病結果:障害基礎2級(障害認定日当時遡り、約2年分受給(約148万円))<依頼者の状況>ご相談にはご本人様のご主人がお1人でいらっしゃいました。発症からしばらくは、「認めたくない」という思いが強く病院には行ってなかったが、通院し始めてからは薬の調整でなんとか症状を落ち着かせることができていたようです。しかし薬が合わなくなってきた頃から急激に進行してしまい
続きを読む >>

脳梗塞による片麻痺で障害厚生2級に認定された事例

<概要>50代男性病名:脳梗塞後遺症(片麻痺)結果:障害厚生2級<依頼者の状況>発症後、治療とリハビリの甲斐がありなんとか復職してこれまで過ごしてきたが、身体的精神的な負担と職場が変わったことによって通勤の困難さが増してしまったことなど負担が増大してきているとのことで、障害年金を受給できないかと相談にいらっしゃいました。<受任から申請まで>障害認定日当時はちょうど復職した頃で、平日の通院ができない
続きを読む >>

脳出血による片麻痺で4年遡及して受給できた事例

<概要>50代男性 病名:脳出血(右片麻痺) 結果:障害厚生年金3級<依頼者の状況>数年前の障害者手帳取得の際、障害年金のこともご自身で年金事務所に相談に行かれたことがあったそうです。しかし年金事務所では「障害年金をもらうことは悪いことだ」と言わんばかりの対応をされてしまい、自分では無理だと障害年金の受給を諦めてしまっていたとのことでした。また右半身の麻痺でしたが元々左利きであったため、周囲の人に
続きを読む >>

くも膜下出血後遺症で障害厚生年金2級が認められた事例

<概要>50代男性 病名:高次脳機能障害(くも膜下出血による) 結果:障害厚生年金2級<依頼者の状況>相談には奥様に付き添われていらっしゃいました。くも膜下出血の急性期治療中からまったくコミュニケーションが取れないなどの症状が出ていたとのことで、相談中も奥様との会話がほとんどでした。新しいことを覚えることができず、今までできていたことなどもできなくなってしまったそうで、お仕事もできる状態ではない
続きを読む >>

高次脳機能障害で障害厚生3級が認められた事例

<概要>40代男性 病名:高次脳機能障害(脳梗塞後遺症) 結果:障害厚生年金3級<依頼者の状況>勤務先だった会社の社長さんからの紹介でご相談にいらっしゃいました。大動脈乖離で入院中に脳梗塞を発症したと思われたが、主治医に否定され、退院後しばらくしてから自ら別の病院を受診してようやく治療が始まった、という経緯でした。脳梗塞の後遺症でよく見られる手足の麻痺はあまりなかったため、高次脳機能障害のみで請求
続きを読む >>

パーキンソン病で、一度不支給になり再請求して障害基礎年金2級が決定された事例

<概要>50代男性病名:パーキンソン病結果:障害基礎年金2級<依頼者の状況>相談には奥様に付き添われていらっしゃり、杖がないと歩けないような状態で、文字を書く際も手が震えてしまっていました。当初ご夫婦お二人で手続きをしたが、障害認定日・請求日現在ともに不支給とされてしまった、ということでメイクル経営 管理事務所にご相談にいらっしゃいました。提出した書類の写しを確認したところ、ご本人の実態とはかけ離
続きを読む >>

脳腫瘍による高次脳機能障害で社会的治癒が認められた事例

<概要>20代男性病名:器質性精神症候群結果:障害基礎2級 <依頼者の状況>無料相談にはご両親がいらっしゃいました。息子さんが、子供の頃に発症した脳腫瘍やその治療による後遺症で、高次脳機能障害と思われる状態でした。発症から18年後に再発し、今後も治療が必要な状態にもかかわらず、後遺症により働くことができない状態で、将来の生活基盤の確保のため、障害年金を受給したいというご相談でした。<受任から申請ま
続きを読む >>

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中