障害年金の等級

各障害の等級は日本年金機構の認定医によって決定しています。
この決定の判断を「裁定」といいます。

公的年金制度における、障害年金の障害等級は、

1級、2級、3級、があります。

労災保険の障害年金の障害等級は、1~14級ですが、障害厚生年金や障害基礎年金の障害等級とは異なります。(判定基準も異なります)

下記に一般的に障害年金を受給することのできる等級をお知らせしています。

受給に必要な各等級


障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中