オリーブ橋小脳萎縮症について

(臨床調査個人表国更新のダウンロード)

(1)中年以降に発病する弧発性疾患で、遺伝性はない。

(2)初発・早期症状として小脳性運動失調が前景に現れる。

(3)経過とともにパーキンソニズム、自律神経症状
(排尿障害や起立性低血圧など)を呈することが多い。

(4)頭部のX線CTやMRIで、小脳、橋(特に底部)の萎縮を認める。


障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中