人工透析で年間約150万円受給できた事例

<概要>

50代男性
病名:慢性腎不全(人工透析療法)
結果:障害厚生2級

<依頼者の状況>

20年くらい前に会社の健康診断で高血圧を指摘され、糖尿病に対する治療を続けてこられたとのことでした。徐々に悪化してきてしまい、ついに人工透析療法開始となってしまったため、障害年金を受けられないか、と相談にいらっしゃいました。

<受任から申請まで>

まずは、20年前の初診日を特定するところからのスタートでした。糖尿病や人工透析療法を実施されている方に多いのが、「初診日」が曖昧なためどこなのかが分からなかったり、証明するのが難しかったりで手続きが困難になるケースです。

今回の依頼者のケースも、かかりつけ医で治療を開始したため、その病院の初診は風邪などで受診したもっと前の日付となっており、糖尿病の初診がどこにあるのかを特定するのに苦労しました。

<結果>

初診日に関する調査票に健康診断結果票を添付していたこともあり、初診日について指摘をされることはありませんでした。人工透析療法を実施しているということで、裁定請求から2ヶ月ほどで、障害厚生年金2級の認定を受けることができました。

受給事例の最新記事

腎疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中