人工股関節置換で年間約110万円もらえた事例

<概要>

50代男性
病名:右変形性股関節症(人工股関節置換)
結果:障害厚生3級

<依頼者の状況>

数年前から股関節に痛みを感じ始め、次第に悪化していったため病院に行ったところ、人工関節にすることを勧められたそうです。しかし手術を受ける決心がつかず、市販の痛み止めを服用しながら我慢して生活していたとのことでした。

次第に痛みや不自由さに耐えられなくなり、ようやく手術を受けるに至ったため、障害年金請求の相談にいらっしゃったそうです。

<受任から申請まで>

当初ご本人は、手術した日が障害認定日となると勘違いされていました。しかし初診日から数年経過してからの手術であったため、事後重症請求手続きとなりました。

診断書作成医師が障害年金手続きにあまり慣れていなかったことから、記載間違いや不備等がいくつか見受けられましたが、事後重症請求であったためなんとか早めに提出することを心がけました。

<結果>

裁定請求から3ヶ月程で、障害厚生3級の決定を受けることができました。また次回診断書提出の必要が無い永久認定を受けることができ、ご本人もホッとした様子でした。

受給事例の最新記事

身体障害の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中