人工透析で年間約160万円受給できた事例

50代男性
病名:慢性腎不全(人工透析療法)
結果:障害厚生2級

<依頼者の状況>

 糖尿病の指摘を受けてから10年以上経ってから人工透析療法を始めたとのことでした。しかし透析を始めてから数年、障害年金の事は知らなかったそうです。知人に障害年金のことを教えられ、仕事と透析もあり自分で手続きするのは難しいということで、当事務所で代行することとなりました。

<受任から申請まで>

 初診から透析開始まで10年以上経っていたため、事後重症請求をすることとなりました。幸い、透析病院に転院する直前まで初診の病院に通院していたため、糖尿病では難しいとされている初診日の証明は比較的スムーズでした。

<結果>

 途中、初診日についての疑義照会がありました。過去の健診で高血糖を指摘されていたためです。しかしその後の受診はなかったため、当初の初診日通りで認められました。結果は障害厚生年金2級となり、年間約160万円を受給するに至りました。

腎疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中