うつ病で障害厚生年金3級が認められた事例

50代男性
病名:うつ病
結果:障害厚生3級(事後重症請求、年額約60万円受給)

<依頼者の状況>

うつ病を長く患い、現在はご自宅に月2回の訪問を受けている区の生活センター相談員の方も一緒に面談にいらっしゃいました。一人暮らしをされていますが身の回りのことは殆どできず、外出も相談員の方の同行がなければ困難であるという状況でした。

<受任から申請まで>

年月が経っていたため初診の病院より入手した受診状況等証明書には日付と名前の記載のみでした。内容不十分であると判断され、次にかかった医療機関にも依頼することになりましたがカルテが残っていなかったため入手できませんでした。

そこで初診の病院から受け取った受診状況等証明書及び現在かかっている病院の診断書の記載内容から特定できることを申し立て、無事受理されました。

<結果>

日本年金機構より初診日について問い合わせがありましたが、無事年金支給が認められ、障害厚生年金3級を取得しました。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中