うつ病で年額約112万円受給できた事例

50代女性
病名:対人恐怖症、うつ病
結果:障害厚生 2級(認定日請求、遡及額約84万円、年額約112万円受給)

<依頼者の状況>

当初は精神疾患のあるご主人をサポートされ、仕事も頑張っていたのですが、先行きの不安からご自身もうつ病になり、退職に至りました。

面談時、ご本人とは目を合わせるのも難しい状況でした。今は妻の方が重い状態だからと、付き添われたご主人が病気の経緯や日常の様子を説明してくださいました。

<受任から申請まで>

主治医が障害年金の診断書を初めて作成されることから書き方についてお問い合わせがあり、資料を送付しました。

日本年金機構からの確認事項で、今回の障害年金にかかる傷病とは直接関係のないところ(年金記録の照合等)でご本人に昔の記憶を思い出していただく必要がありました。

電話等の通信手段であればご本人ともスムースにお話することができました。

<結果>

日本年金機構からの問い合わせで書類の追加提出がありましたが無事に障害厚生年金2級を取得。9カ月分の遡及支給及び年金支給が認められました。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中