自閉症スペクトラム障害、双極性障害で遡及請求が認められた事例

30代男性
病名:自閉症スペクトラム障害、双極性障害
結果:障害厚生年金3級(障害認定日当時遡り、5年遡及。請求時点2級)

<依頼者の状況>

当初ご自身で手続きを進めていらっしゃいましたが、中々先へ進めることができず数年が経過してしまったとのことでした。そのため、弊所へ奥様とご来所いただき、手続き代行して進めていくこととなりました。相談時点では、障害者枠で就労されておりました。

<受任から申請まで>

まずは、初診と障害認定日頃に通院していた医療機関へ診断書の作成を依頼しました。できあがった内容はご本人の思っていたものと異なっていました。ご本人が口頭で医師に説明することは傷病上困難だったため、ご本人の状況を示した資料を提示できるよう弊所で作成しました。最終的に実態に沿った内容で作成いただくことができました。

発達障害ということで、周りとうまくコミュニケーションが取れず、幼少期から苦労されておりました。その反面、学業では常に上位となり、大学院まで進むほどで、これまで大企業や公務員として就労なされておりました。こだわりが強い部分があり、病歴就労状況等申立書の作成には、通常より時間が掛かりましたが何度かやり取りをして完成させました。

<結果>

審査の途中で日本年金機構から問い合わせもなく、障害厚生年金3級の認定が下りました。また、認定日請求も認められたので、5年遡及となり、大変喜ばれました。

さらに、請求日時点から、3級⇒2級に増額改定されました。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中