広汎性発達障害(自閉症スペクトラム)で障害基礎年金2級が認められた事例

30代男性
病名:広汎性発達障害(自閉症スペクトラム)
結果:障害基礎年金2級

<依頼者の状況>

発達障害によりこれまで企業に勤めることが難しく、アルバイトや自営(販売)で生計を立てるも、一人で行うことが難しく経営も悪化し店を閉めてしまったとのことでした。

その後障害年金について調べ、役所にて初診日を伝えたところ納付要件を満たしていないと言われてしまい、どうすればいいかとお問い合わせがありました。詳しくお話を伺ったところ、学生時代に初診日があるとのことでしたので、まだ可能性がある事をお伝えし、当事務所で手続き代行して進めていくこととなりました。

<受任から申請まで>

 初診日が20年以上前でありカルテが残っているかどうかがポイントでしたが、問い合わせたところカルテが残っているとのことで、無事受診状況等証明書を取得することができました。

これまでの成育歴や日常生活状況をまとめ、現在の病院に対して診断書の作成依頼を致しました。ご本人の実態に沿った内容となりましたので、その他添付資料をそろえて提出致しました。

<結果>

 特に日本年金機構からの返戻等もなく、2ヶ月程で通知が届き、無事に障害基礎年金2級に認定してもらうことができました。

お問い合わせフォーム

お名前

メールアドレス

お電話番号

件名

お問合せ内容

ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中