【川崎市】大人になってから判明した知的障害で障害基礎2級が受給できた事例

40代男性
病名:知的障害
結果:障害基礎 2級(事後重症請求、年額約78万円受給)

<依頼者の状況>

療育手帳 B1級取得。

面談にはご夫婦でいらっしゃいました。

数年前、文字の読み書きが不得手であることを気にかけた奥様の助言により発達相談支援センターで検査を受け、発達障害の疑いがあるとわかったこと、その後初めて療育手帳を入手されたことなどを伺いました。

幼い頃から勉強が苦手で、就労はずっとされてきましたが業務遂行上の支障が多く、精神的に追い込まれていた時期もあったとのことでした。かかりつけ医の必要性を感じ、定期受診を開始。現在も就労先でできないことや疎外感を認識して落ち込まれることが度々ある様子で障害特性に適した職場への転職をご検討、その際に障害年金の受給があると安心とのことでした。

 

<受任から申請まで>

 先天性疾患のため出生時から病歴就労状況等申立書を作成しました。昔のエピソードをたくさん思い出していただき、記載する内容を取捨選択しながら幾度もやり取りして完成まで持っていきました。受診歴は短くても問診でよく話に耳を傾けてくださっていることのわかる診断書も作成され、あとは結果を待つのみという気持ちで申請することできました。

 

<結果>

特に日本年金機構からの問い合わせなく年金支給が認められ、障害基礎年金2級を取得しました。

家族、主治医、職場といった周辺環境に理解があれば、障害による困難があっても乗り越えていけること、障害年金がその一助となればと感じました。

 

お問い合わせフォーム

 

お名前 

メールアドレス 

お電話番号

件名

お問合せ内容

 ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中