【川崎市】初診日の可能性が複数ある複雑な受診歴で、双極性障害及びADHDで障害基礎2級が認められた事例

30代男性
病名:双極性障害、ADHD
結果:障害基礎 2級(事後重症請求、年額約78万円受給)

<依頼者の状況>

 メール及び面談にてご相談を受けました。

 幼少期に患った病気の後遺症として現在の精神症状が有り得ること、20歳前に急に学校に行けなくなり受診したことがあったこと、20歳以降に受診するも記憶が曖昧なこと、仕事に就いても続かず衝動性や気分のアップダウンが激しく再び受診するようになったことなど、少し込み入った受診歴でした。

 初診がどの地点と判断され得るかを考えながらお話を伺いました。

 発達障害での障害年金請求は困難が予想されるのではというご質問、主治医が障害年金受給についてあまり前向きでないなど気になさっていることを伺い、ご説明しました。

<受任から申請まで>

 まずは病歴就労状況等申立書を整えるところから始めました。

 どの地点が初診であれば請求可能かを確認の上、本件では20歳前傷病の障害基礎年金請求をすることとしました。

 診断書にも幼少期に罹患した病気の後遺症について触れられていました。当時のことで覚えていることを確認し、病歴就労状況等申立書にわかる範囲で記載しました。

 受診状況等証明書は20歳前の急に学校に行けなくなって受診した病院で取得しました。

 診断書は日常生活や就労が安定しないことやその困難度がわかる内容でした。

<結果>

 特に日本年金機構からの問い合わせはなく、障害基礎年金2級が認められました。

 障害年金受給によって、ご自身の特性に合った就労先を焦らずに見つけること、精神的余裕が生まれることなどの利点があります。
 過去を振り返る作業は容易ではないかもしれませんが一緒に辿っていきながら、納得のいく手続きとなるよう努めていきたいと考えています。

 

お問い合わせフォーム

 

お名前 

メールアドレス 

お電話番号

件名

お問合せ内容

 ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中