【横浜市】1型糖尿病で障害厚生3級が認められた事例

50代女性
病名:1型糖尿病
結果:障害厚生 3級(事後重症請求、年額約58万円受給)

 

<依頼者の状況>

 以前ご自身で請求を行ったところ、診断書の内容から認定されませんでした。

 医師の診断内容は変わらなかったことから不服申し立てはされずに、数年が経過していました。
 症状は悪化し、医療費の負担が多く、合併症による視力低下も進んできました。
 日常生活の支障を補うべく、障害年金請求を再度検討されているとのことでした。

 

<受任から申請まで>

 前回請求時の初診日証明書類を利用できる範囲内にあり、提出時にその申出をすることにしました。

 受診歴、治療内容、処方内容、日常生活状況の困難さなどをヒアリングし、病歴就労状況等申立書を作成しました。

 診断書をご依頼いただく際には、その日常生活の支障の内容がお分かりいただけるよう、資料を用意しました。

 

<結果>

 日本年金機構から何ら問い合わせ等はなく、障害厚生年金3級が認められました。

 滞りなく、前回ご入手になった医証も活かして手続きをすることができました。

 ご自身で行った請求時には大変な思いをして書類を整えられた様子も伺えました。再度の手続きにはなりましたが、受給に繋がり安堵しました。

 

お問い合わせフォーム

 

お名前 

メールアドレス 

お電話番号

件名

お問合せ内容

 ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

受給事例の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中