【神奈川県】双極性障害で診断書訂正によって障害厚生2級(年額約150万円)が認められた事例

40代男性
病名:双極性障害
結果:障害厚生2級(年額約150万円受給)

<依頼者の状況>

 年金事務所で相談し、書類一式はもらっていて受診状況等証明書も取得してあるとのことでした。現在の医師より診断書は書いてくれるとのことだが、やはり初めての申請で不安もあるとのことでお電話いただきました。お話をお聞きすると、初診当初から病院を転々としており、身体症状も相まって中々確定診断に至らなかったとのことでした。今の病院で確定診断となりましたが、受診されてまだ日が浅かったこともあり、まずはこれまでの病歴をまとめる必要があるとともに、診断書の依頼についてもご説明をして当事務所へ手続きを進めていくことになりました。

<受任から申請まで>

 ご本人より伺った日常生活状況をまとめて診断書の作成を依頼いたしました。ところが、できあがった診断書を拝見したところ、ご本人より伺った状況とは程遠い内容でした。そこで、「診断書(精神の障害用)の記載要領」の提示と、日常生活状況を判断するポイントを詳細に記した資料も添え、再度依頼いたしました。内容を確認いただき、無事実態に沿った内容の診断書が完成いたしました。

<結果>

 特に日本年金機構からの問い合わせもなく、無事障害厚生2級の決定を受けました。

 

お問い合わせフォーム

 

お名前 

メールアドレス 

お電話番号

件名

お問合せ内容

 ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

お知らせの最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中