先天性表皮水疱症で障害基礎2級が認められた事例

<概要>

30代女性
病名:先天性表皮水疱症
結果:障害基礎2級(20歳前障害)

<依頼者の状況>

生まれてすぐに表皮水疱症と診断され、子供のころから外での遊びや体育の授業など制限されることが多く、皮膚が弱く傷になりやすいために貧血もひどかった。しかし、子供の頃から通院していた病院では障害年金はおろか障害者手帳についても何も案内してくれず、大人になるまで自分がもらえる年金があることすら知らずに過ごしてきてしまっていた。

<受任から申請まで>

生まれつきということで初診が古く、また長い間受診していなかった期間もあり、慎重に進める必要があると判断。

幸い母子手帳の保存があり、病名の記載もあったことから、第三者の証明などがなくても20歳前障害を認めてもらうことができた。

<結果>

審査の過程で1度返戻になり照会を受けたが、諦めずに対応した結果、無事に障害基礎年金2級に認定された。先天性であることや病歴が長いことなどもあり、永久認定となった。

身体障害の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中