横浜駅から徒歩7分。神奈川県内中心に障害年金の相談件数3,500件超

横浜で障害年金相談ならメイクル

運営:メイクル経営管理事務所

代理相談

統合失調症で障害年金2級が認められた事例

<概要> 20代女性 病名:統合失調症 結果:障害基礎2級(20歳前の初診による) <依頼者の状況> 相談はお母様お1人で、ご本人は外出が難しいためお母様とのご連絡のみで手続きを進めていくこととなりました。高校生の頃から症状を訴えており、当初通院し ていた病院では「適応障害」と診断だったため、初診時と現在とで病名が違うことをとても心配されていました。病名が違っていても問題ないことをお話し 続きを読む

若年性アルツハイマー型認知症で障害基礎年金1級が認められた事例

60代女性 病名:アルツハイマー型認知症 結果:障害基礎年金1級(1年半遡及) 年間受給額:約96万円 <依頼者の状況> ご相談にいらっしゃったのは、依頼者の娘さんでした。お母様が3年ほど前から若年性アルツハイマー型認知症を発症しており、娘さんが後見人となっていました。また、すでに老齢年金の受給を開始しており、今から障害年金手続きをすることに意味があるのか、悩んでいらっしゃる様子でした。 続きを読む

第三者証明で20歳前の初診日が認められた事例(視覚障害)

<概要> 50代男性 病名:緑内障・白内障 結果:障害基礎年金1級 <依頼者の状況> 相談にはご本人の他、お母様とお兄様も同行されました。ご本人はほぼ全く目が見えない状態であるため、手続きなどは主にお母様が対応してくださることとなりました。 30年以上前の大学生の時に眼の曇りを感じて受診したところを初診日として進めることとしました。しかしその当時は国民年金加入手続きを行っておらず、基礎 続きを読む

頚椎症性脊髄症で障害基礎1級が認められた事例

<概要> 50代女性 病名:頚椎症性脊髄症 結果:障害基礎年金1級 <依頼者の状況> 相談にはご主人お1人でいらっしゃいました。ご本人はほぼ身動きとれない状況とのことで、ご来所されませんでした。 当初、脊柱管狭窄症の術後疼痛と併せて請求手続きを行ったそうですが、別傷病と判断され、頚椎症性脊髄症はまだ障害認定日が到来していないので手続きできない状態となっているとのことでした。障害認定日ま 続きを読む

脊柱側弯症で障害基礎年金2級が決定された事例

40代男性 病名:脊柱側弯症 結果:障害基礎年金2級(20歳前の傷病による) 年間受給額:約78万円 <依頼者の状況> 脊柱側弯症とぜんそくの症状がひどくご自身では相談に来られないとのことで、親族の方が代わりに相談にいらっしゃいました。 幼少期より脊柱側弯症と喘息を患っていたにも関わらず、現在まで障害年金を受給できることを知らなかったとのことです。 <受任から申請まで> 幼少 続きを読む