病名がわからず初診日がハッキリしない状態で受任した事例

相談者

50代男性
病名:多発性硬化症
結果:障害基礎2級(1年遡及)

<依頼者の状況>

10年以上前から腰の痛みを感じていて、ヘルニアだと思い整骨院での治療やストレッチなどで対処してきた。一時改善されてはまた2~3日で元に戻る・・・という 状況を繰り返しながら徐々に悪化してきたころ、なんとか治療しようと受診した整形外科で脳の病気を疑われて転院し、そこでの検査で初めて多発性硬化症と診 断された。

当初の腰痛がヘルニアなのか多発性硬化症の症状なのかがハッキリわからず、どこを初診日として手続きをしたらよいか決めかねていた。

<受任から申請まで>

ヒアリングの結果、最初にMRIを撮った整形外科を初診日として進める方針としました。既に退職後のため国民年金での申請となりましたが、昔の腰痛の原因が本当にただの腰痛なのか、多発性硬化症と因果関係があるのか、はっきりしなかったため、確実に初診日として証明できる日付としました。

<結果>

初診日についての疑義照会が入ることも無く、障害基礎年金2級に認定されました。

身体障害の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中