パーキンソン病で、一度不支給になり再請求して障害基礎年金2級が決定された事例

<概要>

50代男性
病名:パーキンソン病
結果:障害基礎年金2級

<依頼者の状況>

相談には奥様に付き添われていらっしゃり、杖がないと歩けないような状態で、文字を書く際も手が震えてしまっていました。当初ご夫婦お二人で手続きをしたが、障害認定日・請求日現在ともに不支給とされてしまった、ということでメイクル経営 管理事務所にご相談にいらっしゃいました。

提出した書類の写しを確認したところ、ご本人の実態とはかけ離れた内容の診断書となっており、ごく軽い症状しか無いように見受けられるものでした。

<受任から申請まで>

障害認定日に遡っての手続きは一度きりであることをご納得いただいたうえで、事後重症でやりなおす方針としました。

<結果>

ご本人の実態や、杖を使わない状態やオフの状態だとどうか、ということを医師に丁寧に説明し、以前のものよりは実態に沿った診断書を作成いただくことができました。また病歴就労状況等申立書でも不自由さを訴えたことで、無事に障害基礎年金2級に認定してもらうことができました。

当初の請求手続きで認められていれば、遡って受給できた可能性もありました。診断書をしっかり書いて貰うことの重要性を痛感した事例です。

脳疾患の最新記事

難病の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中