脳出血による片麻痺で障害厚生年金2級(年間約160万円)が受給できた事例

50代男性
病名:脳出血
結果:障害厚生 2級(認定日請求。遡及額約660万円。年額約160万円受給)

<依頼者の状況>

身体障害者手帳 2級取得。
脳出血を起こし、片麻痺になりました。太ももに補助具をつけ、ゆっくりと歩かれていました。長距離移動時は車椅子が、車椅子を使用しないときは杖が必要でした。書類の印鑑を押すのも容易ではなさそうでした。そのような中ご自身で障害年金の手続きをするより、弊所に依頼をしようとお考えのようでした。

<受任から申請まで>

脳出血を起こした日が明確で、当時の記憶もはっきりとあり、病院の転院歴も少なかったため、初回の面談時に大まかなことを伺えました。診断書は入院した病院もしくはリハビリで通った病院のどちらで作成可能か確認していただき、入院した病院から入手することができました。

<結果>

特に日本年金機構からの問い合わせもなく障害厚生年金2級を取得。約4年分の遡及支給及び年金支給が認められました。

受給事例の最新記事

脳疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中