人工透析実施前でも2級に認定された事例

30代男性
病名:慢性腎不全
結果:障害厚生年金2級

<依頼者の状況>

慢性腎不全で長らく通院をしているが、症状が徐々に悪化していて仕事でも配置転換を余儀なくされてしまい収入も減ってしまったと相談にいらっしゃいました。しかし、人工透析療法はまだ実施していない為、年金事務所にも主治医にも「まだ障害年金はもらえない」と言われ諦めかけていました。

検査数値等をヒアリングした結果、少なくとも3級には該当するだろうということで、手続きを進めることで依頼を受けました。

<受任から申請まで>

主治医に診断書を依頼した際、以前通院していた病院があったことが発覚しました。かなり前の記録であり初診日を証明するのは困難と思われましたが、主治医が協力的で、過去の書類をいろいろと探してくださったため、なんとか客観的な証明をすることができました。

また初診日が変更になったことで診断書の書き直しを数回依頼することになってしまいましたが、その間にも症状は悪化していました。その為、診断書の訂正に合わせて現症日も変更してもらうことで、当初想定したよりも悪い状態で申請することになりました。

<結果>

受任した当初は「なんとか3級を!」ということでスタートしましたが、症状悪化の都度診断書を訂正していただくなど主治医が協力的であったこともあり、2級の認定を受けることができました。結果が出るまでの間に人工透析療法を開始することになったため、増額改定をしなければならないかと検討していたところでした。

腎疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中