幼少期のファロー四徴症からの人工弁で厚生年金が認められた事例

<概要>

40代男性
病名:肺動脈弁閉鎖不全症(人工弁置換)
結果:障害厚生3級

<依頼者の状況>

無料相談にはご夫婦でいらっしゃいました。乳児期にファロー四徴症と診断され手術を受けたという経緯があり、最近になり肺動脈弁閉鎖不全症で人工弁置換を受けたため、障害年金を受給できないかというご相談でした。

厚生年金加入期間中の初診日でないと人工弁置換での受給は難しいため、ファロー四徴症との因果関係や社会的治癒などさまざまなことを考慮しなければならない手続きでした。

<受任から申請まで>

3歳時にファロー四徴症の手術を受けてからも経過観察は続けていたが、体育の授業など運動は他の子と同じようにこなしていたということでした。そのため、初診日はファロー四徴症の初診日(幼少期)ではなく肺動脈弁閉鎖不全症の指摘を受けた日として進めることとなりました。受診病院もずっと変わっていなかったため、医師が依頼者の状況を正確に把握していてくれたおかげで、診断書の作成は比 較的スムーズでした。

<結果>

初診日についての疑義照会等もなく、厚生年金期間中の初診日として3級の認定を受けることができました。ただ手術日が障害認定日後だったため、残念ながら遡及受給はできませんでした。

心疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中