脳出血による片麻痺で年間約160万円受給できた事例

50代女性
病名:脳出血による右片麻痺
結果:障害厚生2級(年間約160万円)

<依頼者の状況>

 相談にはご主人がお1人でいらっしゃいました。ご本人はデイサービスなどを利用しながらリハビリに励んでいて、金属製の補装具を装着しても付添いが無いと外出できない状態ということでした。
 脳出血発症からおよそ2週間でリハビリ病院に転院したが、リハビリの途中で足を傷めてしまい、当初の予定より1ヶ月長く入院しなければならなかったそうです。

<受任から申請まで>

 脳出血や脳梗塞は初診日から6カ月経過して症状固定と判断されればその日が障害認定日となりますが、今回のケースでは6ヶ月経過時点でもまだリハビリ病院入院中であったり、その後も足を傷めて車椅子使用を余儀なくされたりと、リハビリにはかなりの時間を要していました。そのため通常通り1年6ヶ月経過を待ってから、障害年金請求としました。

<結果>

 リハビリが思うように進んでいないこともあったためか、提出から2ヶ月ちょっとで、障害厚生2級の認定を受けることができました。

受給事例の最新記事

脳疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中