【東京都】難病・遺伝性運動感覚ニューロパチーで20歳前障害基礎年金2級が遡って受給できた事例

30代男性
病名:遺伝性運動感覚ニューロパチー(シャルコーマリートゥース病)
結果:障害基礎2級(遡及請求、年額 80万円受給、約400万円遡及)

<依頼者の状況>

 知人のご紹介で弊所の無料相談にお越しいただきました。
難病指定の遺伝性疾患でご自身も小学校低学年の時に発症。下肢に症状があり、歩行や運動に大きな制限がでるようになったため通院や手術を繰り返したが症状は改善せず、徐々に悪化しているというお話でした。
 現在は接客の仕事をしており、会社から配慮してもらえているが、それでもとても負担が大きく、ご自身も障害年金の対象となるのではないかと思われたということです。
 病歴も長くご自身だけでの申請は難しいことから、弊所での代行手続きを進めることとなりました。

<受任から申請まで>

 初診日の証明ができるかどうかが大きなポイントとなりました。
 まずは、病歴が長く転院も何度もされていたため、ご本人やご家族に記憶を辿っていただきながら思い当たる病院へのカルテの確認を進めていきました。現在の病院以外どこにもカルテは残っていないということが分かりましたが、

・20歳前に障害者手帳をご取得されていたこと
・現在の主治医が前院でも診てくれていたこと
・診断書にも前院に通っていたことを記載いただけたこと

などから、初診日が20歳前であると証明ができると考えました。
 また、病歴就労状況等申立書ではご本人と何度もやりとりを重ね、これまでの通院歴や症状、日常生活・就労への支障を詳細に記載するように進めていきました。

<結果>

 無事に障害基礎2級が認められ、受給決定となりました。初診日についても問題なく20歳前として認められ、過去5年分も遡って受給(約400万円)することができました。

 

お問い合わせフォーム

 

お名前

メールアドレス

お電話番号

件名

お問合せ内容

ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

受給事例の最新記事

難病の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中