【相模原市】幼少期に発症された網膜色素変性症で障害基礎2級(年額約78万円受給)が認められた事例

30代男性
病名:網膜色素変性症
結果:障害基礎2級(事後重症請求、年額約78万円受給)

<依頼者の状況>

 障害者手帳2級取得
 症状が表れたのは幼少期の頃からで、ご両親に連れられ病院を受診したとのことでした。いくつか病院を転々とし治療を行っていたとのことでしたが、改善することもなく病院へ受診することもなくなったとのことでした。
 最近になり、障害者手帳を取得し、障害年金についても受給の可能性があるかどうかとお問い合わせいただきました。
 障害年金の制度について説明し、その中でも初診日の説明に重点をおきました。そのほか要件や必要書類の多さから当事務所で手続きを進めていくことになりました。

<受任から申請まで>

 20歳前にいくつか医療機関へ受診なされているとのことでしたので、いずれかでカルテが残っていれば可能性があると判断し、確認を取るところから始めました。終診から相当数の期間経過していましたが、何とか初診日の証明ができましたので、次のステップである診断書の依頼へ進みました。記載のポイントや記入漏れがないかどうかも確認。その他全ての書類を取得し年金事務所へ請求いたしました。

<結果>

 特に日本年金機構からの問い合わせなく年金支給が認められ、障害基礎年金2級を取得しました。

 網膜色素変性症については、小さい時に診断され、その後通院を辞めてしまったことで初診日の証明が出来ないために却下される事例が少なくありません。同じようなことでお悩みであればぜひ当事務所までお問い合わせください。

 

お問い合わせフォーム

 

お名前 

メールアドレス 

お電話番号

件名

お問合せ内容

 ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

受給事例の最新記事

聴覚障害の最新記事

難病の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中