【横浜市】広汎性発達障害で障害厚生年金3級が認められた事例(年額約60万円)

30代男性
病名:広汎性発達障害、注意欠陥多動性障害
結果:障害厚生年金3級(事後重症請求 年額約60万円)

 

<依頼者の状況>

 当事務所にて障害年金の説明会を行った就労移行支援事業所の利用者様からのご相談。

 ご自身で年金事務所へ相談して初診証明や診断書も入手なされていました。病歴就労状況等申立書を作成したが、本当にこれで大丈夫なのか不安に思い、当事務所にて無料相談を行いました。
 これまでの成育歴や受診歴をヒアリングし、入手なされた資料にも目を通しました。大きな間違いはないのですが、細かな点について指摘し、対応方法についてお話しいたしました。
 問題は病歴就労状況等申立書です。時系列や整合性がとれていなく、大幅な修正が必要でした。ご本人へ問題点を指摘しましたが、このまま自身で進めていくには困難と判断し、当事務所で手続き代行を進めていくこととなりました。

 

<受任から申請まで>

 まずは、すでに入手なされた資料については、当事務所にて対応方法を詳細に説明し、完成させることができました。

 次に、病歴就労状況等申立書の代筆に伴い、出生時からヒアリングを詳細に行いました。コミュニケーション能力に難があり、これまで苦労なされてきたエピソードも多く聞き取ることができました。ご自身で、「なぜ相手が突然怒り出すのか」「なぜ突然周りから遠ざかっていくのか」理解することができない様子で、エピソードからも大変に苦労なされたのだなと感じました。
 ヒアリングした内容をまとめて病歴就労状況等申立書も完成しましたので、その他資料を準備し、年金事務所へ請求いたしました。

 

<結果>

 特に日本年金機構から問い合わせもなく、無事に障害厚生年金3級が認定されました。

 ご自身でも発達障害の特性に気付かない事で、モヤモヤとした気持ちのまま生活なされている方は多いと思います。また、病院へ受診したとしても、日常生活において苦労したことをお話しできないことで、状態に見合った診断書ができないことも少なくありません。この方も、周りとのコミュニケーション能力が上手くいかないことに中々気付くことができず、自身で作成した申立書で日常生活上苦労していたことの記載はあまりありませんでした。

 当事務所では、発達障害の方のご相談も多く、しっかりとヒアリングし対応しております。同じ障害でお悩みの方、まずは当事務所へお問い合わせいただければ幸いです。

 最後に、ご本人から感謝の言葉がきけてよかったと思っております。今後もご自身のペースで無理なく生活できることを願いエールを送らせていただきました。

 

お問い合わせフォーム

 

お名前 

メールアドレス 

お電話番号

件名

お問合せ内容

 ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中