横浜駅から徒歩7分。神奈川県内中心に障害年金の相談件数3,500件超

横浜で障害年金相談ならメイクル

運営:メイクル経営管理事務所

【横浜市】広汎性発達障害で障害厚生2級が認められた事例

20代男性
病名:広汎性発達障害、軽度知的障害
結果:障害厚生 2級(認定日請求、年額約106万円受給)

<依頼者の状況>

年金事務所で診断書様式を入手し、主治医の先生に渡した後に弊所へご相談にいらっしゃいました。
普通学級に通い、大学へ進学。幼少期からコミュニケーション困難で一人でいることが多くありました。
気づいたときには周りは就職活動をしていました。アルバイトや派遣の仕事に就いたものの業務を覚えられず、ミスも多く、職場での雑談も苦手でした。
集中力が続かず、よく失念してしまうこともあり、不安やストレスを感じて病院受診に至りました。
初めて広汎性発達障害と軽度知的障害の指摘を受けました。
無職になり、精神障害者保健福祉手帳を入手しました。

<受任から申請まで>

 診断書はどのような記載になるのか、大学卒業もされている中で、軽度知的障害の診断がどの程度関わってくるのか不明でした。
病歴就労状況等申立書は出生時から作成しました。
 入手された診断書の内容から、広汎性発達障害が主たる症状と判断されると考え、障害厚生年金請求として書類をまとめました。

<結果>

広汎性発達障害について障害認定日から障害厚生年金2級が認められました。
診断書に記載された傷病名だけでなく、診断書全体の内容やこれまでの症状等を総合して判断されていることがわかる事案でした。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「広汎性発達障害」「知的障害」の記事一覧