【横浜市】糖尿病性腎症で障害基礎年金2級が受給できた事例(人工透析)

50代女性
病名:糖尿病性腎症
結果:障害基礎2級(事後重症請求、年額 約80万円受給)

<依頼者の状況>

 これまでずっと健康で仕事にも励まれていたという方でした。しかし、突然別の症状で病院へ緊急搬送され、そのときに初めて糖尿病と診断をされたというお話でした。
 その後も糖尿病治療をしながら仕事も続けられていましたが、症状が改善せず数か月前から人工透析治療を開始されたということでした。
 人工透析治療が障害年金の対象となるとお知りになり、弊所の無料相談へお越しくださいました。
 弊所からは、人工透析治療は障害年金2級相当とされているものの、受給となるためには初診日証明や納付要件など、他にもいくつかの要件を満たす必要があることをご説明させていただきました。
 ご本人も初診日の証明や診断書の依頼方法にご不安があったことから、弊所での代行手続きを進めることとなりました。

 

<受任から申請まで>

 糖尿病と初めて診断を受けたのが約10年も前のことであったため、まずは初診日を証明する「受診状況等証明書」が取得できるかどうかがポイントとなりました。 
 ご本人にヒヤリングしながら一緒に病歴をたどり、病院へ依頼していただいたところ、カルテが残っていたため受診状況等証明書を取得することができました。
 その後も、ご本人のご入院や透析治療との兼ね合いをはかりながら、診断書の取得や病歴就労状況等申立書の作成を進めました。
 診断書では、必須項目への記載漏れがあったため弊所にて改めて依頼文書を作成し先生にご対応いただくことができました。

 <結果>

 無事に障害基礎2級が認められ、受給決定となりました。
 初診日の証明も認められて、弊所としてもとても安堵した事例でした。

 人工透析治療は障害年金2級相当であると認定基準に明記されている一方で、糖尿病を原因とする傷病の場合、その病歴が長く初診日の特定が難しくなるケースが多くみられます。カルテの保存期間が原則5年とされていることから、初診日の証明ができずに申請が困難になってしまうことがございます。
 まずはご自身の病歴を辿ってみて、これまでかかった病院をピックアップしていくことから始められてみるのが良いかと感じております。弊所でも病歴などを丁寧に聴取することを心掛けております。
 また、糖尿病の合併症には、糖尿病性腎症のほかにも糖尿病性網膜症や糖尿病神経障害などがございます。弊所でも多くのご相談やご依頼をいただいておりますので、申請についての疑問点や不安点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせフォーム

 

お名前 

メールアドレス 

お電話番号

件名

お問合せ内容

 ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

受給事例の最新記事

腎疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中