【横浜市】広汎性発達障害で診断書の入手に難航したが障害厚生年金2級が認められた事例(年額約130万円)

30代女性
病名:広汎性発達障害、自閉症スペクトラム障害
結果:障害厚生年金2級(事後重症請求 年額約130万円)

<依頼者の状況>

 当事務所にて障害年金の説明会を行った就労移行支援事業所の利用者様からのご相談。

 自身の障害でも障害年金が受給できるかどうかを知りたく、当事務所にて無料相談を行いました。

 これまでの病歴から、厚生年金加入の正社員としてお勤めされていた時に病院へ受診したとのことでした。受診のきっかけは、職場でのミスやコミュニケーション能力から発達障害の可能性を指摘されたようです。
 病院にて検査を行ったところ、発達障害と診断。しばらく就労していたが、度重なるミスやパワハラに耐えられず退職し、精神的にも不安定な状態だったとのことでした。現在は就労移行支援事業所へ通所し就労を目指しているが、体調によって通所が不規則とのことでした。

 病院への通院頻度をお聞きしたところ、定期的な通院はしておらず、認定日請求も難しい状況でした。まずは、障害年金の手続きに向け、診断書の作成が可能かどうかご相談いただくことを勧めました。また、手続きを自身で進めていくことは困難とのことで、当事務所で手続き代行を進めていくこととなりました。

 

<受任から申請まで>

 まずは、病院へ診断書を作成いただけるかどうかを確認するところからスタートしました。相談するにあたり、自身の言葉でお話しするのが難しいとのことでしたので、当事務所にて文書を用意し、ご相談に行かれました。

 結果は「作成できない。今のあなたの状態では無理。」とのことでした。ご本人にとって、依頼先の病院であまりいい印象がなかったようで、今回の結果も薄々感じていた様子でした。

 現状では手続きすることができないので、ここで①諦めるか、それとも②新たに病院を受診してそこで記載してもらうかを選択することに。新たに病院を受診して進めていく場合は、診断書の作成には期間が必要であることも説明しました。

 ご本人の答えは②新たに病院を受診して記載してもらう。

 そこで、当事務所にて発達障害の診察、治療可能な医療機関をいくつかご案内し、そのうちの一つへ受診することになりました。

 しばらくは、進捗確認のため、定期的に連絡をとり、新しい病院の主治医との相性も良く、親身に相談に乗ってくれるとのことでした。
 そして、何度か通院を続けたところで障害年金のお話をし、快く診断書の作成に協力いただけることとなりました。

 初回の相談から期間が経ちましたが、これまでの状況について定期的にやり取りを進めていましたので、診断書の作成依頼書もその都度修正し、病院へ依頼いたしました。

 病歴就労状況等申立書も、実態に沿った内容に仕上げることができ、その他必要書類をそろえて年金事務所へ請求いたしました。

 

<結果>

 請求から3ヶ月後に、ご本人よりご報告があり、無事に障害厚生年金2級が認定されました。

 一時は障害年金の手続きを諦めるという所でしたが、良い病院に巡り合え、ご協力いただくことができました。その後も、主治医とは良好な関係とのことで、ご本人にとって非常に良かったと思いました。

 

お問い合わせフォーム

 

お名前 

メールアドレス 

お電話番号

件名

お問合せ内容

 ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中