上肢切断で障害厚生年金2級が決定された事例

<概要>

30代男性
病名:左上肢外傷性切断
結果:障害厚生2級(2年半遡及)

<依頼者の状況>

仕事中の事故により左腕の肩から先を切断されました。依頼者自身である程度進めていたが、病歴状況申立書の作成に手間取っての依頼でした。また、労災なので第三者行為事故状況届も出さなくてはならず、どうやって書いたら良いのか分からない状況でした。

<受任から申請まで>

事故発生が他県だったため、受診状況等証明書の入手に少し時間がかかりましたが、事故発生から数年しかたっておらず記憶も新しかったため病歴状況申立書の作成は比較的スムーズでした。

<結果>

上肢切断ということで、比較的早い認定となりました。事故日に遡って、障害厚生年金2級の認定を受けることができました。

身体障害の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中