くも膜下出血後遺症で障害厚生年金2級が認められた事例

<概要>

50代男性
病名:高次脳機能障害(くも膜下出血による)
結果:障害厚生年金2級

<依頼者の状況>

相談には奥様に付き添われていらっしゃいました。くも膜下出血の急性期治療中からまったくコミュニケーションが取れないなどの症状が出ていたとのことで、相談中も奥様との会話がほとんどでした。

新しいことを覚えることができず、今までできていたことなどもできなくなってしまったそうで、お仕事もできる状態ではないとのことでした。

<受任から申請まで>

手続きは奥様とのやりとりで進めました。診断書は、くも膜下出血の主治医である脳神経外科医に作成してもらうこととしたものの、精神障害用の診断書は作成しなれていないということで作成依頼は慎重に行い、作成後に追記をお願いしなければならないといったこともありました。

ご本人の状態については在宅リハビリの記録などもあったため、病歴就労状況等申立書の作成は比較的スムーズでした。

<結果>

疑義照会のため一度返戻があり、審査期間は少し長めにかかってしまいましたが、障害認定日時点で2級の認定を受けることができました。

「高次脳機能障害は認定されにくい」と思っていらっしゃる方が多いと耳にしたことがあります。しかし当事務所では高次脳機能障害での受給実績が多数ありますので、安心してご相談ください。

脳疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中