一度却下になり再請求で障害基礎年金1級が決定された事例

50代女性
病名:頚椎症性脊髄症
結果:障害基礎年金1級
年間受給額:約96万円

<依頼者の状況>

外出困難とのことで、ご主人お1人で相談にいらっしゃいました。

頚椎症性脊髄症になるより前、「腰部脊柱管狭窄症」での手術を受けており術後の疼痛が ひどかったことで、腰部脊柱管狭窄症を初診として術後疼痛と頚椎症性脊髄症の症状を併せて障害年金請求を行っておりました。しかしながら、疼痛と頚椎症性 脊髄症は別傷病であることから、却下とされました。当初の請求手続きはご主人ご自身で行っていましたが、再請求に対して不安があるとのことで、当事務所でご依頼をお受けしました。

<受任から申請まで>

ご依頼をお受けした時点では頚椎症性脊髄症の初診から1年6カ月経過していなかったため、障害認定日到達を待ってからのお手続き着手となりました。

診断書の依頼は、長らく診てもらっている主治医であったため比較的スムーズにできました。手足の痺れやこわばり、痛みなどが常態化して日常生活のほぼすべてが自力ではできない状態だったので、「何ができない」ということが表現できず、病歴 就労状況等申立書に不自由さを記載する際には苦労しました。

<結果>

障害基礎年金1級の決定を受けることができました。

身体障害の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中