両側人工股関節で障害厚生年金3級が決定された事例

相談者

40代女性
病名:両変形性股関節症
結果:障害厚生3級(2年半遡及)

<依頼者の状況>

夫とともに介護の会社を経営しており、さらに自身も母の介護をしなければならず、身体への負担が大きいため、今後の生活のことを考えて障害年金を受給できないかと思い、相談にいらっしゃいました。

<受任から申請まで>

介護職なので職業柄もともと腰痛などの症状があり整形外科等へ通院していたため、どのタイミングが初診なのか、すぐには分からない状況でした。一つ一つの病院をたどっていき、変形性股関節症の初診日を突き止めることができました。

初診日から1年6カ月経過する前に最初の手術を実施したため、障害認定日は最初の手術日となりました。

<結果>

人工股関節置換ということで、約2年半前の障害認定日に遡って障害厚生年金3級に認定されました。症状悪化によって仕事も制限されていて、外出時にタク シーを使わざるを得ないことなどもあり経済的な不安があったようでしたが、「障害年金を受給できたことにより、生活も助かります」というお礼のお手紙をいただきました。

身体障害の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中