パニック障害で障害基礎2級が認められた事例

<概要>

30代女性
病名:パニック障害
結果:障害基礎年金2級(20歳前の障害による)

<依頼者の状況>

10代の頃からパニック症状に悩まされていたがつい最近障害年金のことを知ったとのことで相談にいらっしゃいました。

パニック障害は神経症と言われる分類になるためなかなか難しいとお伝えしたうえで、当事務所で手続きを代行して進めていくこととなりました。

<受任から申請まで>

まず初めにぶつかったのが、初診日の証明でした。ご本人の記憶もあいまいで、15年以上前のことなので病院が分かってもカルテが残っていない可能性がありました。

しかしなんとか記憶をたどった病院に受診記録のみですが残っていたため、なんとか証明することができました。

その後の通院歴も記憶があいまいな部分が多く、病歴就労状況等申立書の作成に伴うヒアリングへの回答に苦労されていたようです。

<結果>

障害認定日(20歳)当時については残念ながら不該当という結果でしたが、事後重症で障害基礎年金2級に認定されました。

ご本人は、20歳当時ではなくその後症状が悪化した頃から支給されるべきと訴えていらっしゃいましたが、現行制度では障害認定日でしか判断してもらうことができないため、諦めざるを得ませんでした。

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中