統合失調症で障害年金2級が認められた事例

<概要>

20代女性
病名:統合失調症
結果:障害基礎2級(20歳前の初診による)

<依頼者の状況>

相談はお母様お1人で、ご本人は外出が難しいためお母様とのご連絡のみで手続きを進めていくこととなりました。高校生の頃から症状を訴えており、当初通院し ていた病院では「適応障害」と診断だったため、初診時と現在とで病名が違うことをとても心配されていました。病名が違っていても問題ないことをお話しし、 安心していただいたうえで手続きを始めることができました。

<受任から申請まで>

病識の薄さや主治医への不信感などから、当初はあまり定期的に通院することができず、20歳前後に通院が無かったため遡及請求することができませんでした。 お母様は、長いこと苦しんでいるご本人のためにもという思いからなんとか遡った手続きをとおっしゃっていましたが、残念ながら遡りでの手続きは実現しませ んでした。その他の書類は比較的スムーズに揃い、事後重症請求ということもあり比較的短期間で裁定請求まで持って行くことができました。

<結果>

審査には4カ月弱かかりましたが、返戻等も無く、無事に障害基礎2級に認定してもらうことができました。

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中