【神奈川県】初診日の証明が困難であったがうつ病で障害基礎年金2級(年額約78万円)が認められた事例

50代女性
病名:うつ病
結果:障害基礎年金2級(事後重症請求、年額約78万円受給)

<依頼者の状況>

 ご家族よりお電話いただき、妹がうつ病で長年通院し、自宅で引きこもりの状態であるとのことでした。当事務所へご本人含めご家族でお越しいただき詳しくお話をお聞きしたところ、初診日がどこだったのか、どこに受診をしたのかがご家族含め曖昧でしたので、確実である医療機関から調べていくことでお話を進め当事務所で手続き代行していくこととなりました。

 

<受任から申請まで>

 初診であろう医療機関へ問い合わせたところ、ご本人の記憶よりもずいぶん後に受診している事が分かりました。そこで改めて確認をしていく中で、病院名は分からないが、最寄り駅近くの病院へ受診した記憶があるとのことでしたので、受診したであろう医療機関へ問い合わせました。すると、カルテは破棄してしまったが、患者氏名と初診日であればあるとのことで、入手することにしました。これ以上は証明する資料の取得は困難だったため、病歴就労状況等申立書にてできる限り通院に至った経緯などを記載することで対応いたしました。

診断書については、当事務所にて日常生活状況を聴取し参考資料として添付いたしました。実態に沿った内容と判断し、その他必要書類を準備して年金事務所へ請求いたしました。

 

<結果>

 心配していた初診日については、特に審査の途中で日本年金機構から問い合わせもなく、障害基礎年金2級の認定が下りました。

初診日の証明については、必ずしも初診の医療機関へ書類が入手できなかったとしても認められる場合はありますので、お困りであればぜひご相談いただければと思います。

 

お問い合わせフォーム

 

お名前 

メールアドレス 

お電話番号

件名

お問合せ内容

 ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中