主治医になかなか診断書を依頼できずに1年掛りで受給できた事例(双極性障害)

30代女性
病名:双極性障害
結果:障害基礎年金2級(5年遡及)
年間受給額:約132万円

<依頼者の状況>

10年ほど前から通院しており症状もかなり重い状態で、1人では外出できないので相談にはご主人に付き添われていらっしゃいました。

今診てもらっている主治医に「診断書はあまり書かない」と言われてしまっていてどうしたらよいか分からない、ということで、当事務所でご依頼をお受けしました。

<受任から申請まで>

初診から現在まで病院を複数移っていたため、まずは初診日の証明を取ることに苦労しました。障害認定日当時の診断書は比較的早く作成いただけたのですが、やはり現在の医師がなかなか作成に応じてくれず、受任から1年程経過した頃にようやく作成いただけることになりました。

<結果>

受任からかなり期間が経ってからの決定とはなりましたが、無事に障害認定日に遡って認定してもらうことができました。障害認定日がかなり前であったため、日常生活状況など診断書で表現してもらえなかったことも多々ありましたが、病歴就労状 況等申立書でしっかりと訴えたことで遡及認定につながったと考えられます。

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中