発達障害で障害基礎年金2級が決定された事例

相談者

20代女性
病名:広汎性発達障害
結果:障害基礎2級(2年半遡及)

<依頼者の状況>

大学生の頃、就職活動のストレスなどからうつ病性の症状が出て病院を受診。周囲とのコミュニケーションが苦手で発達障害と診断された。卒業後は職業訓練を経て障害者枠での就職を果たしたが負担が大きくストレスになっていた。

<受任から申請まで>

主治医には障害年金の受給は難しいだろうと言われたとのことで当センターへ相談。コミュニケーションが難しく、転院歴があり診断書の訂正を数回お願いしたりと少し時間がかかりました。20歳前障害も疑われましたが、初診日が20歳以降だったため、通常の障害基礎年金での申請となりました。

<結果>

障害認定日の状態が認められ、約2年半遡及して障害 基礎年金2級が決定されました。当初、年金事務所でも「働いているので難しいのでは」という見解でしたが、障害者枠での就労であったことと、就職当初の計 画に反してなかなか勤務時間を延ばせないなどの状態が続いていたことなどから、2級が認められたのではと考えられます。

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中