知的障害で診断書訂正によって障害基礎年金2級が認められた事例

<概要>

20代男性
病名:知的障害
結果:障害基礎年金2級

<依頼者の状況>

ご相談にはお父様がいらっしゃいました。20歳時の診断書は既にお持ちでしたが、息子さんの状態を的確に反映した内容とは言えないものでした。主治医は「出してみてダメだったら訂正しますよ」と言っているとのことでしたので、出す前に訂正してもらいましょう、ということで、当事務所で代行することとなりまし た。

<受任から申請まで>

主治医に診断書を訂正していただくことに重点を置きました。日常生活能力の判断基準やご本人の実態をご理解いただき、一度出してしまうと訂正ができない一発勝負であることを説明し、訂正に応じていただくことができました。

<結果>

知的障害ということもあり、裁定請求から2ヶ月ほどの比較的短い期間で、障害基礎2級の決定となりました。

この方も、療育手帳の等級はB2でした。『B2では通らない』と思っている方も多いようですが、そんなことはありません。ご本人の生きづらさや家族のサポートの必要性などをしっかりと伝えることができれば、認められる可能性は十分あります。

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中