【横浜市】うつ病で障害厚生年金3級が認められた事例(年額約90万円)

40代男性
病名:うつ病
結果:障害厚生年金3級(事後重症請求 年額約90万円)

<依頼者の状況>

 ご本人よりメールでお問い合わせいただきました。長年企業へお勤めされていましたが、仕事が忙しくストレスを感じるようになり、次第に不眠や意欲低下が出現。職場近くの病院へ受診し投薬治療を行うも改善には至らず通院を続けていたそうです。その後も体調は戻らず休職して自宅療養するも、今度は復職することを常に考えてしまい、不安から病状に変化なくそのまま退職したとのことでした。

 現在、自宅で引きこもる生活とのことでしたので、障害年金受給の可能性があることを説明し、当事務所で手続き代行を進めていくこととなりました。

 

<受任から申請まで>

 障害認定日当時、病院へは通院をして何とか仕事をしていたような状態でした。非常に辛い状況であったと思われましたが、障害年金の制度上、就労状況についても審査対象となるため、ご相談者様との相談の上事後重症請求で進めていくことにしました。
 当事務所にて発症から現在までの状況を詳しくヒアリングし、日常生活状況についても認定基準に沿って参考資料を作成したものを診断書用紙と共に添えて依頼いたしました。

<結果>

 特に日本年金機構から問い合わせもなく、無事に障害厚生年金3級が認定されました。

 

お問い合わせフォーム

 

お名前 

メールアドレス 

お電話番号

件名

お問合せ内容

 ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中