【横浜市】うつ病で障害厚生年金2級(年額約210万円)が認められた事例

60代男性
病名:うつ病
結果:障害厚生2級(加算分を含め約210万円)

<依頼者の状況>

 初回はメールでお問い合わせいただきました。

 現在うつ病の影響で休職中であり、不安が強く何も行動にうつせないため、生活が厳しいことに悩んでおられました。

 発症時期は、10年以上前に家族との死別をきっかけに、不眠や倦怠感が出現なされたとのことでした。長年苦しんでこられたようですが、病院へ行くことなく症状に耐えて仕事をしていたとのことでした。徐々に欠勤なども増えていき、限界を迎えて職場近くの病院へ駆け込んだところ、うつ病と診断されたようです。

 当事務所で無料相談を行い、障害年金の制度を説明しましたが、どれも不安から本当に手続きできるのだろうかと、とても心配なされていました。依頼者の不安を取り除くために一つずつ説明し、必要となる書類物や、医療機関へ依頼する診断書の作成依頼についてご納得いただき、当事務所で手続き代行を進めていくことになりました。

 

<受任から申請まで>

 病歴から「障害認定日請求」に該当。まずは初診の医療機関へ受診状況等証明書を依頼しました。次に、現在の医療機関へ診断書の作成を依頼するため、日常生活状況及び就労状況について資料を作りました。

 長年お勤めされていた職場は退職し、その後障害者雇用で働いていましたが、体調を崩してしまい現在は休職中でした。そのような状況からも不安が強く、奥様に身のまわりのことを全てやってもらっているとのことでしたので、資料にも記載し依頼いたしました。

 

<結果>

 特に日本年金機構からの問い合わせもなく、無事障害厚生2級の決定を受けました。

 この結果を受け、大変喜ばれていました。当事務所へも感謝の言葉をいただき、力に慣れたこと嬉しく思いました。

 

お問い合わせフォーム

 

お名前 

メールアドレス 

お電話番号

件名

お問合せ内容

 ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中