知的障害で障害基礎年金2級が決定された事例

相談者

20代男性
病名:精神遅滞(軽度)
結果:20歳前障害基礎2級

<依頼者の状況>

生まれつき軽度の精神遅滞があるとのことで、障害年金の申請をやり始めたが、20歳前後に病院に受診していないので手続きできないと年金事務所で言われてしまいどうしたらよいか、ということでお母様が当センターへ相談に。

当初思っていたより手続きが難しそうなので自分たちでやるのは無理そうだという相談でした。

<受任から申請まで>

20歳誕生日前後の受診が無かったため、事後重症で進めることにしました。幸い、20歳になってからまだ数か月しか経過していなかったため、すぐに手続きしましょうということになりました。

当センターにお越しいただいたのはお母様のみで、ご本人にお会いすることはありませんでした。なんどもお越しいただくことができなかったので、病歴申立書の作成は郵便でのやりとりのみで完成させました。

<結果>

申請書類の受付から2カ月ちょっとで、無事に障害基礎年金2級の決定となりました。当初は申請自体ができないと言われ諦めかけていましたが、当センターにご相談いただき無事に支給決定されることができました。

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中