統合失調症で一度却下になり諦めていたが、再請求で認められた事例

<概要>

30代女性
病名:統合失調症
結果:障害基礎年金2級

<依頼者の状況>

過去に一度、弁護士に代理を頼んで請求手続きをしたが却下になってしまっていたとのことでした。この時は遡及請求ができたにも関わらず、事後重症請求しかしてもらえず、さらに却下になってしまった際にも不服申立て等もしてもらえなかったそうです。

その後症状悪化に伴って再度請求を考え、複数の社労士事務所に相談したがいずれも断られてしまったとのことで、メイクル経営管理事務所に相談にいらっしゃいました。

<受任から申請まで>

まず、却下になったときに提出した書類一式を見せてもらいましたが、初診日不明のための第三者証明や、病歴状況申立書など、丁寧に作成されてはいるものの、内容として不十分なものが非常に多く、却下されても致し方ないと言わざるを得ないものでした。

なぜ却下になってしまったのか、今回はどうしたらよいのか、などを丁寧に説明し、依頼者に納得していただいた上で、初診日の第三者証明を書いてもらう人を探したり、主治医に作成いただく診断書を丁寧に説明したりして、自信を持って裁定請求することができました。  

<結果>

返戻などもなく、無事に障害基礎年金2級に認定されました。

当初からきちんとした手続きをしていれば本来もっと早くから受給できていたはずです。依頼者としても、受給できてうれしい気持ちは当然ですが、素直に喜べないお気持ちもあったと思います。

こういったことが起こらないよう、情報発信等を今後も続けて行きたいと強く思った事例です。

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中