広汎性発達障害で2年遡及が認められた事例

<概要>

20代男性
病名:広汎性発達障害
結果:障害基礎年金2級(約2年遡及受給)

<依頼者の状況>

ご来所の前に、お母様より何度かお電話でご相談を受けました。その後ご両親が来所され、手続きの進め方などをご説明させていただきましたが、可能な限り自分たちでやりたいとのことで、すぐには依頼なさいませんでした。その後、やはり自分たちでは・・・ということで、正式に当事務所で手続き代行して進めて いくこととなりました。

息子さんご本人は、子供の頃からこだわりが強く、小中高と普通学級に在籍していましたが不登校気味で、ご両親が送迎するなどしてなんとか通学させたが、 高校はほとんど行けなかったそうです。しかし病院に行ったのは成人してからということで、通常の障害基礎年金の対象として進めていくこととなりました。

<受任から申請まで>

手続きはお母様とのやりとりのみで進めました。病院の先生との相性も悪くほとんど本人の代わりにお母様が受診(相談)していたようでしたので、障害認定日の診断書を作成していただくのに苦労しました。

また診断書だけではご本人の生活ぶりが伝わりにくいので、ご両親から日常生活状況を詳しくヒアリングし病歴就労状況等申立書に反映させました。

<結果>

障害認定日当時通院していた病院にはご本人が受診した回数が少なかったため少し心配していましたが、無事に遡って認定してもらうことができました。

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中