初診日の証明が取れないが厚生年金を認められた事例

相談者

30代女性
病名:うつ病
結果:障害厚生3級

<依頼者の状況>

仕事のストレスでパニック状態になり、それを我慢し続けたことでうつ病に。発症当初はうつ病とは全く思わず、さまざまな病院に転々とかかっていたため初診日の証明ができなかった。精神科で最初にかかった病 院とは相性が悪く嫌味や暴言などがひどかったとのことで、診断書もまともに記載してもらえない状態だった。

<受任から申請まで>

初診が10年近く前でどの病院にいつ頃かかったかの記憶もあいまいな状態でした。一つ一つ順を追って確認していったところ、退職前にかかっていた病院が判明しましたが、カルテが残っていないため証明できませんでした。しかし、幸いにも院外薬局にて抗不安薬を処方してもらっていたため、その薬局に証明書を作成してもらい、受診状況等証明書が添付できない申立書の証拠書類として申請することができました。

<結果>

無事に厚生年金期間中の初診日が認められ、障害厚生年金3級を受給することができました。当初はなにも証明するものがないと諦めかけていましたが、粘り強く探っていくことで結果が得られた事例の1つです。

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中