【相模原市】診断書の作成を断られたが、障害基礎2級が認められた事例(知的障害)

20代女性
病名:知的障害
結果:障害基礎2級(年額約78万円)

 

<依頼者の状況>

 ご本人からお問い合わせいただきました。

 現在障害者雇用で就労しているが、障害年金を受給できるか教えてほしいとのことでした。   当事務所へお越しいただきお話をお聞きしたところ、就労先の方から病院受診を勧められ受診し、最近になって療育手帳を取得したとのことでした。

 生活状況や就労状況をお聞きした限り、障害年金の受給の可能性があると判断し、障害年金の仕組みや必要書類について説明し、当事務所で手続き代行を進めていくことになりました。

<受任から申請まで>

 初診日の証明は不要なため、現在通院している医療機関へ診断書を入手するところから進めました。しかし、その医療機関へ診断書の作成を依頼したのですが、作成を断られてしまったとご連絡いただきました。
対応いただけない理由としては、障害年金の診断書を今まで書いたことがない、障害の状態に至っていないので書けないなどいくつか理由があるかもしれません。
なぜ書けないのかを確認するとともに、その場合の対応方法についてお話ししましたが、思うようにいきませんでした。

 ご本人もひどく疲れ、精神的に不安定となって仕事も欠勤するような状態になってしまったため、ご本人へ診断書を作成いただける医療機関への受診へ方針を変えることを提案。
ご家族とも相談し、その方針で進めていくことにしました。

 知的障害の診断書を作成いただける医療機関はそう多くありません。そこで、当事務所にていくつか医療機関をピックアップし、その中からご本人が実際に相談し受診しました。

 理解のある先生で、診断書の作成もご協力いただけるとのことでした。そこで、当事務所にてこれまでの日常生活状況をまとめた文書を添えて、診断書の依頼をしました。

 そのほか必要となる書類もそろえ、当事務所にて年金事務所へ請求することができました。

<結果>

 無事、障害基礎年金2級が認められ、年金を受給することができました。

 

お問い合わせフォーム

 

お名前 

メールアドレス 

お電話番号

件名

お問合せ内容

 ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中