【横浜市】双極性障害で障害厚生3級(年額約60万円)が認められた事例

50代男性
病名:双極性障害
結果:障害厚生3級(事後重症請求、年額約60万円受給)

<依頼者の状況>

 ご自身で病歴をまとめて年金事務所へ相談に行ったのですが、対応が冷たかったことで、それ以来年金事務所へは行っていないとのことでした。また、当事務所へご相談なさる前に、他の社労士へも資料を見せて相談をしたのですが、思うように進まなかったとのことで、当事務所に奥様といらっしゃいました。
 資料を拝見したところ、複数の診断名が記載されていたことと、身体症状も顕著でそのことも影響しいくつも病院を通っていました。
 初診日の証明は取得済みでしたので、診断書の作成に際しまずは病歴を整理する必要があると判断。申請までの流れをご説明し、ご自身では難しいとのことから当事務所で手続きを進めていくことになりました。

<受任から申請まで>

 ご本人の中で身体症状の影響を強く感じていて、これまでまとめていただいた病歴からも、身体症状のエピソードが記載されていました。現在通院なされている医療機関へ診断書の作成のための資料を作る際には、身体症状についてではなく、精神疾患にまつわるエピソード等をメインに記載して依頼。完成には1ヵ月以上時間が掛かりました。その間に、病歴就労状況等申立書を弊所にて作成し、年金事務所へ提出いたしました。

<結果>

 特に日本年金機構からの問い合わせなく年金支給が認められ、障害厚生年金3級を取得しました。

 

お問い合わせフォーム

 

お名前 

メールアドレス 

お電話番号

件名

お問合せ内容

 ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中