知的障害で相談から8カ月かかってようやく申請できた事例(年間約78万円)

<概要>

20代男性
病名:知的障害・自閉症
結果:障害基礎2級

<依頼者の状況>

相談にはお母様がいらっしゃいました。中学高校と特別支援学校に通っていたが高校卒業しても就職できず、支援センターで訓練ののち特例子会社へ就職ができ現在まで働いているとのことでした。「働いているので障害年金は難しいのでは?」と心配されているようでした。また主治医に診断書の作成を依頼できないなど、手続きに不安があるとのことで、当事務所で代行して進めていくこととなりました。

<受任から申請まで>

主治医に診断書の作成を依頼できないということで、別の病院を探すところからスタートしました。ようやく見つけた新しい病院も、受診まで4カ月ほど待たなければならず、その間に病歴状況申立書を進めることとなりました。

病院に受診できてからはすぐに診断書を作成してもらえ、スムーズに進めることができました。

<結果>

知的障害ということもあり、1ヶ月半ほどで障害基礎2級の決定を受けました。手続き完了まではかなりの期間を要しましたが、審査期間は短く決定がでたのはとても良かったです。

その他の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中