広汎性発達障害で障害基礎年金2級が認められた事例

30代男性
病名:広汎性発達障害、不安障害
結果:障害基礎年金2級

<依頼者の状況>

幼少期から周りと馴染めず一人で遊んだり、人見知りが激しかったとのこと。学校でも周りと馴染めず不登校となり、高校へ進学するも1年程で退学。現在まで就労経験もなく、両親が今後の将来に対して不安を感じたため、障害年金の手続きを進めていらっしゃいました。すでに受診状況等証明書は取得済みでしたが、診断書や病歴就労状況等申立書の作成に際し、どのように作成すればいいのか不安があるとのことで、当事務所へお越しいただき、手続き代行して進めていくこととなりました。

<受任から申請まで>

詳しくお話を伺ったところ、高校退学以降、ほぼ自宅での生活となり、心配したご両親が、発達障害者支援センターへ相談し、いくつか病院等を紹介してもらうも、通うことができない状態だったとのことでした。現在通院している病院の医師は、理解があるとのことでしたので、診断書の作成についても時間をとってくださり、書類上の不備もなく実態に沿った内容を作成いただくことができました。

感覚過敏、過敏性腸症候群、二次障害として不安障害も併発していたため、病歴就労状況等申立書にも記載をして、ご両親と確認のうえ作成及び手直しいたしました。

これまでのご両親の思いも反映し、病歴就労状況等申立書の枚数も増えましたが、最後はご納得いただき提出いたしました。

<結果>

受給ができるかどうか不安を感じ何度か当事務所に審査状況の確認の問い合わせをいただき、その都度ご説明させていただきました。審査から約3カ月程で通知が届き、無事に障害基礎年金2級に認定してもらうことができました。直接お礼がしたいとのことで、当事務所へお越しいただくなど、大変に喜ばれていたことを今も鮮明に覚えております。

受給事例の最新記事

心疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中