一度不支給になり再請求で認められた事例(双極性障害)

30代男性
病名:双極性障害
結果:障害基礎2級(年額約78万円)

<依頼者の状況>

 ご本人より当事務所ホームページを見てお電話がありました。一度別の社労士に依頼をして進めたが不支給になってしまったとのこと。再度申請したいとのことでご相談をお受けしました。お話をお伺いしたところ、初診日の証明が不十分であったことと診断書の内容が実態に沿ったものではなかったことが原因ではないかと感じました。
   そこで、それぞれの問題点と受給に向けての方針をご説明し、当事務所で手続きを進めることになりました。

<受任から申請まで>

 初診日については、すでにカルテが無いとのことでしたので、第三者証明の提出で進めていくことに。当時の状況を覚えている方が数名いるとのことでしたので、当事務所にて注意点等を分かりやすく書面にて作成し提示いたしました。診断書の依頼についても、ヒアリングした日常生活状況を書面にしてまとめて診断書と一緒にお渡しいたしました。

<結果>

 それぞれの内容から問題ないことを確認し提出。無事障害基礎年金2級に認定されました。
   一度不支給になり諦めかけていた中での決定に大変喜ばれていたことがとても印象的でした。

 

お問い合わせフォーム

 

お名前

メールアドレス

お電話番号

件名

お問合せ内容

ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中